ログインページが表示できない場合の対処方法

Google Chromeで「常に安全な接続を使用する」を設定していると、ログインページに接続しようとしても「404 Not Found」のエラーが表示されてしまうことがあります。
このような場合は、以下の手順をご参照の上対処お願いいたします。
ご注意
「常に安全な接続を使用する」とは、一括してSSL暗号化通信(https)以外の接続を行わない設定です。
接続プロトコルを制限するものなので、この保護を外したとしても、直ちに全てのネット接続に危険が生じるというものではありません。

もちろん、URLが「https」から始まるサイトであっても情報の入力には常に注意が必要です。
ただ、ゼミネットではログインページでパスワードを入力するのみで、サーバ上にユーザーの情報は一切アップロードしておりません。 講義映像や学習内容はクリックして視聴するのみです。
そのため、ゼミネットのご利用については安心して接続いただけます。

1. 「常に安全な接続を使用する」の設定の確認
以下の手順で、Google Chromeの「常に安全な接続を使用する」の設定を確認してください。

1. ブラウザ(Google Chrome)右上のその他アイコンをクリックします。
2. [設定] を選択し、[プライバシーとセキュリティ] を選択します。
3. [セキュリティ] 内の [常に安全な接続を使用する] がオンになっている場合は、スライドしてオフにします。

※オフにした後はタブをすべて閉じて、ブラウザも閉じてください。

2. ログインページにアクセス
開講通知のリンクをクリックし、ログインページが正常に表示できるかどうか確認してください。
ブラウザのアドレスバーに「https」から始まるURLが表示される場合は、「https」の「s」を取ってアクセスしてみてください。

3. それでも表示できない場合
「常に安全な接続を使用する」以外にも、Google Chromeのバージョンアップの影響(保護強化機能が設定)でページに接続できない可能性も考えられます。 以下の手順で、Google Chromeのサイトの権限設定を変更してください。
※AndroidやiOSの場合は対処方法が変わりますので、Google Chrome公式ヘルプのページもご参照ください。

1. 404エラーが表示されるログインページを表示してブラウザ(Google Chrome)アドレスバーのURL左横のアイコンをクリックし、 [権限] を選択します。
2. 許可を変更する要素を選択しクリックします。
3. 変更した後はタブをすべて閉じて、ブラウザも閉じてください。

※この設定は本サイトのみに適用されるものですが、ご不安な場合は、他のブラウザでのご利用もご検討ください。

その他の対処方法

ブラウザのアドレスバーに、ログインページのURLを貼り付けて再度お試しください。
また、ブラウザの履歴(キャッシュ)をクリアされるか、ブラウザを変えてお試しください。
この他に、ご利用のネット環境(職場内のネットワークなど)や端末で制限がかかっていて接続できない可能性もございます。
その場合は、ネット環境や端末を変えて再度お試しください。